ウクレレ弾き語りコード「想うた ~姉妹を想う~」

【iDeCo】書類不備!? やっと届きました! SBI証券の場合

iDeCo 書類不備
ロゴ出典:iDeCo公式サイト ライブラリ

振り返ると今年の1月中旬頃、SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)の資料請求をし、

職場で記入してもらう書類があったので、それに1週間程度かかり、

結局、申請書類一式を送付できたのが2月初めだったでしょうか。

書類を送付したのもつかの間、書類不備で戻ってきました

こちらのページでは次のこと書いています

  • 書類不備から確定通知書が届くまで
  • SBI証券のiDeCo加入者サイトへの初期アクセス
  • iDeCoの初期手続き期間について
スポンサーリンク
松井証券【iDeCo 口座開設申込】

iDeCo 個人型年金加入確定通知書が届くまで

2月 書類不備でつまづく(◞‸◟)

2/22 書類受領のメール。

2月22日 SBI証券から書類受領のメールが届きました。

iDeCo受領メール

受領メールの一部

 

「お♪」 喜んだのもつかの間、

同日、自宅ポストに封筒が届いてまして、中身を確認すると書類不備の書類が!?

なにが不備だったの?

何が不備だったかというと、

住信SBIネット銀行の「支点名」が何故か未記入(うっかり(>_<))
(十分チェックしたつもりだったのですが、、)

丁寧に付箋で指示入れがされてました。↓

書類不備image

 

余計なロスをしました。。。

結局、翌々日頃 再投函。

それから3週間ほどたち、

3/12 2度目の書類受領のメール

1度目の受領メールと全く同じ文面でした。

この受領メールは、

(とりあえず)書類は届きましたよ」

ということと、

「万が一不備があれば別途送り返します」

という、書類審査を通っていても、不備がある場合も同じ内容のメールなので、

OKだったのか、メール文からは知ることはできませんが、

その後、封筒がポストに入ってることもなかったので、

まあ手続きは進んでいるのだろうと、気長に待っておりました。

… 日にちが過ぎ、

で、一昨日のこと。

4/15 届きました!

4月15日 ポストに届いてました! 封書が2つ。やった!

一つは、
①国民年金基金連合会から「個人型年金加入確定通知書」

もう一つは、
②SBI証券から「ID及び初期パスワードのお知らせ」

通知書に資格取得年月日が2月25日の日付となっておりました。

最初の受領メールが2/22でしたので、
おそらく最初に書類を引き受けた時点でその担当部署がメールを申請者に出し、
書類は審査に回され、不備があれば、書類は返送されるが、審査は流れていて「2/25資格取得」となるのでしょうね。
そして申請者からの不備書類がきちんと揃い次第、正式受理となり、2度目の受領メールを申請者に送信、SBI証券へ手続きとなるのだろうと思います。

通知書

国民年金基金連合会から届いた個人型年金加入確認通知書

初回引落
初回引落金額2ヶ月分 となっていました。

なので、ちゃんと資格取得したときからなのですね。

SBIベネフィット・システムズ加入者サイト

さっそく、封書にある、*SBIベネフィット・システムズ加入者サイトへアクセス。
(*SBI証券iDeCoの業務委託先)

ログイン画面で、届いた書類に記載されていたID/初期パスワード でログイン。

「サイトをご利用になる前に」画面で
「確定拠出年金加入者等の取引等に関する規定」を読み、

「ホーム画面へ」をクリック。

「パスワード変更」画面で、パスワード変更(メモも忘れずに)する。

メールアドレスなども登録確認し完了!

sbiベネフィットシステムズ画面

出典:SBIベネフィット・システムズ加入者サイト(自分のログイン画面)

最後に

 

やっと、iDeCoが始められたことにほっとしました。よかった。

1月中旬 資料請求
2月   書類不備
3月   書類再提出
4月中旬 完了

 

こう見ると時間は少しかかりましたね。
書類不備もあったので、その分もロスしています^^;

 

書類不備はないほうが良いですが、
たとえ不備があっても、丁寧に付箋付きで指示が明確だったし、
申請し資格取得日からスタートすることも分かりました。

 

今後は普通にお仕事をしてお給料をもらっていけば、こつこつ毎月23000の強制拠出となります(笑)

 

節税効果とあとは60歳以降に多少でもプラスになっていることを願いつつ。

■iDeCo公式サイト https://www.ideco-koushiki.jp/

■SBI証券のiDeCo https://go.sbisec.co.jp/prd/ideco/ideco_top.html

■iDeCoの節税シミュレーション|SBI証券の個人型確定拠出年金:iDeCo(イデコ)|SBI証券 (sbisec.co.jp)

 

2022年の法改正で40、50代の方もチャンスが広がるようです。

私が勉強させていただいているシータさんの動画「つみたてシータ」をはらせていただきます。

法改正によるiDeCoの変更点を分かりやすく解説されいます。猫ちゃんも可愛いです。

 

私のような書類不備事態にならないよう、
これからiDeCoをお考えの方に少しでも参考になれば嬉しく思います。

 

 

 

本の紹介
1 時間でわかる iDeCo ~50代から始める安心投資 スピードマスター

コメント

タイトルとURLをコピーしました