ウクレレ弾き語りコード「想うた ~姉妹を想う~」

【マイナポイント】はどこにする?楽ペイ・楽天カード?その前に…

マイナポイント、第2弾

先日やっとマイナンバーカードを取得し、
マイナポイントGetしました。

マイナポイントをゲットするためのキャッシュレス決済は、数多くありますが、
決済対応店舗数が最多(500万か所)の楽天ペイにしました。

ここでは、このマイナポイントに乗じてその他のもポイントをゲットしたことを書いておこうと思います。

よりポイントをゲットをするために
こんな方法!

 

前提としてマイナンバーカードの申請が先です

マイナンバーカード

知っての通り、今現在、総務省の事業「マイナポイント」第2弾が開催中です。

「マイナポイント」第1弾と第2弾、併せて1人最大20,000円分のポイントがもらえるというマイナポイント事業。

マイナンバーカードの申し込み期限も9月までだったのが12月末までと延長されましたね。
まだ、交付率が人口の半分にも達していないという現状があるからなのでしょう。

マイナンバーカード甲府枚数:団体区分別

引用:総務省公式サイト https://www.soumu.go.jp/

総務省公式サイト https://www.soumu.go.jp/

・マイナンバーカードの申込み期限:2022年12月末
・マイナポイント申込み期限:2023年2月末

物価が上がっているこのご時世 1人20,000円分のポイントってやっぱり大きいです。

(日本経済新聞 https://www.nikkei.com/theme/?dw=22040103

申し込み期限までにさくっと手続きしてしまいましょう!
マイナンバーカードは、申請から交付までに1ヶ月ほどかかるので、早めに申請したほうがよいですよ。

QRコード付き交付申請書でマイナンバーカードをつくろう!(公式サイト)

カードを取得するまでにやるべきことは、
マイナポイントをどのキャッシュレス決済に付与するのか決めておきましょう。
私の場合は、使い勝手を考慮し決済対応店舗数が最多(500万か所)といわれる楽天ペイにしました。

マイナポイント

マイナンバーカードを取得できたら、
さっそくマイナポイントの申し込みをしましょう!

なるべく、カードを手にしたその日に。その流れで。
こういうのは、勢いでやってしまった方がいいと思うのです。

でないと、後回し後まわしと、結局、しそびれてしまうものです。

この申し込み期限は2023年の2月末までです。

合計、最大2万円分のポイントがもらえるのです。これは国の事業です。
もらえるものはもらっておくべきです。(と、私は思います)

施策1 マイナンバーカード新規取得 最大5000円分のポイント
施策2 健康保険証としての利用申込み 7500円分ポイント
施策3 公金受取口座の登録 7500円分ポイント

マイナポイント第2弾

引用:総務省 マイナポイント事業 https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/

 

マイナポイントはキャッシュレス決済サービス(※)に入ってくるものなので、
どのキャッシュレス決済サービスにするのか、決めておくことが必要です。

キャッシュレス決済サービスとは、
※QRコード決済(○○Pay)や電子マネー(交通系のICカードなど)、クレジットカードなどです。

 

楽天ペイ・楽天カード・ポイントサイト

私のゲットできたポイント次のとおりです。

1. 楽天ペイ 20000Pt(マイナンバーカード取得*+健康保険証+公金受取口座)

2. 楽天カード 新規発行で8000Pt

3. ハピタス(ポイントサイト) 10000Pt

合計、38,000Pt=3万8千円になります。

(*マイナンバーカード新規取得でもらえる5000ptは、楽天ペイの場合、累計決済20000円の翌々月に付与されます)

楽天ペイ

私は、マイナポイントをどのキャッシュレス決済に紐づけるか何にするか
まあまあ迷いましたが、楽天ペイにしました。

楽天ペイに決めたのは次のような理由からです。

  1. (次に紹介する)ポイントサイト経由で楽天カードを作るとポイントがつく
  2. 決済対応店舗数が最多(500万か所)ということで使い勝手良さそう
  3. 楽天カードでチャージして楽天ペイ(キャッシュ払いの設定)で利用すると1.5%など、お得な使い方が出来そう

楽天カード

新規での入会特典ポイント5000~10000ポイント(時期により変動します)などもあり、
楽天経済圏での組み合わせで獲得ポイントも倍増を見込めるし、楽天ペイと相性のいい楽天カードをつくることにしました。(私の申し込んだ時は8000ポイントでした)

ポイントサイト

カード等をつくるなら、ポイントサイトを経由するとポイントがついてとてもお得なのです。

ポイントサイトはいろいろありますが、その中でも、楽天カード発行で獲得ポイントの高い
「モッピー」「ハピタス」というポイントサイトがおすすめです。

私は、ハピタス経由 で楽天カードを申し込みました。
申込みの数日後、以下のように 10,000pt と入っていました。

ハピタス経由

※私が申し込みしたハピタスの通帳画面

 

ポイントサイト調べてみると、モッピーの方が1000円お得ですね! (モッピーでやればよかった)

ポイントサイト入会特典(当サイト経由)楽天カード特典
モッピー最大2000円(10/31まで)11,000円
ハピタス最大1000円(10/31まで)10,000円
※2022/10/10時点 

 

モッピー経由で楽天カードを発行すると、11,000pt

モッピーで楽天カード
モッピーのサイト

(今ならこちらのサイトから、登録・条件達成で最大2,000円相当がもらえます!【10/31まで】)

 

ハピタス経由で楽天カードを発行すると、10,000pt

ハピタス経由,楽天カード
ハピタスのサイト

(今ならこちらのサイトから、登録・条件達成で最大1,000円相当がもらえます!【10/31まで】)

 

これらを知ってしまうと、これをやらないと損な気がしませんか?

 

 知ってる人が得をする…

 

まとめ

今回は、マイナンバーカード、マイナポイント事業をきっかけとして
ポイントサイト経由で楽天カードを作り、
その結果、合計3万8千円分のポイントを得ることができた話でした。

得られたポイントを整理すると以下のとおり。合計:38,000Pt(3万8千円分)

1. 楽天ペイ 20,000Pt(マイナンバーカード取得*+健康保険証+公金受取口座)
2. 楽天カード 新規発行で8,000Pt
3. ハピタス(ポイントサイト) 10,000Pt

合計:38,000Pt(3万8千円分)

 

楽ペイ,ポイント

楽ペイのポイント実績画面より

ハピタス経由

ハピタスの通帳画面より

ちなみに、
*マイナンバーカード新規取得でもらえる5000ptについて楽天ペイの場合は、
楽天ペイでの決済が累計20,000円に達したら5000ptが付与されます。
マイナポイントの付与のタイミングは、翌々月」となります。
私は10/8に20,000円に達している(↓)ので、
12月には付与額の欄に5,000ポイントと記載されるでしょう。マイナポイント5000pt

 

マイナポイントのキャッシュレス決済をどこにするか迷っている方

 楽ペイ ポイントサイト経由 楽天カード作成をおすすめします!

 

この記事があなたの参考になれば嬉しく思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました